蝶々 - 百済 美愛 詩4番

     4.その花香りの中に蝶々が初めて君に会った時すべて花香りいっぱいである香ばしい花の微笑の中で蝶々なって飛んでいた。初めて君を抱きしめた時すべてこの世いっぱいである花に酔っぱらった蝶々のようにどうするべきか知らなかった。私は君に言いたかった君を本当に愛したと。私は君に言いたくて君を本当に愛すると。初めて君を見た時世の中すべて花雨が降る香ばしい君のその姿に…

続きを読む