さようなら - 詩、 百済 美愛











 

6. さようなら
私ももうすべて捨てました.
すべてが要らないこと..
懐かしさが悲しいが
歳月がたつとすべて忘れるのです.
ところで愛した心は
どのようにするんですか ?

もうまた会うこともできないが
私は毎日夢を見ますね
いつでもどこでも君と一緒にいます.

さようなら
さようなら.

 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック